Profile

写真家

川口奈津子 Natsuko Kawaguchi (grafeel代表・フォトグラファー)

grafeel20170815_0003
1980年 石川県金沢市生まれ
1995年 構図・デッサン・水彩画の勉強を開始
1996年 写真の勉強を開始
1999年 石川県立金沢辰巳丘高等学校 芸術コース 美術専攻卒業
2002年 金沢美術工芸大学 デザイン科 中退後、福井に転居
2005年 県内外飲食店メニュー撮影開始
2007年 フードコーディネーター資格取得
金沢市食育専門推進委員に任命される
専属カメラマンとして出版社に勤務
2008年 ブライダル撮影開始
2010年6月 grafeel創立
2011年3月 出版社を退社、grafeelスタジオ兼事務所を開設
2015年 撮影スタッフを増員し体制を強化
2016年9月 調理撮影の環境を強化するため、grafeelスタジオを移転拡大
2017年 grafeel提携フォトグラファーを増員し体制を強化
2020年 grafeelホームページを完全リニューアル
福井県最大の白ホリスタジオと業務提携開始
デザイン部門の姉妹店 "peindrole" 始動
新スタジオ建設に向けて準備開始
新メンバーを増員し体制を強化
2021年5月 丸岡に新スタジオが完成し、grafeelスタジオを移転拡大
2022年7月 撮影スタッフを増員し体制を強化

カメラとの出会いは、高校1年生のときでした。
美大合格を目指してデッサンの練習に打ち込む日々。
恩師からもらった「写真を学ぶとデッサン力が向上する」 という助言から、
迷わず写真の世界に飛び込みました。
スピーディーにバランスの取れた構図を組むこと…
枠内を分割して主役と脇役を作り、奥行きを持たせること…
光と影を思い通りにコントロールすること…
なるほど確かに、写真とデッサンは共通点だらけです!

写真とデッサンの同時進行が功を奏し、美大に進学。

ロダクトデザインを専攻しました。
描いたデザインを実際の形に作り上げたそのあとに待っているのは、
自作の製品をより魅力的に撮影してのプレゼンテーション。
重量感、素材感、色味、艶感、使用シーンの想像…。
その全てを数枚の写真だけで表現するには、
自分の撮影技術が全くもって足りず、とても悔しい思いをしました。
そんな工程を幾度も繰り返すうちに、
いつの間にかデザインよりも写真撮影の方が楽しくなっていたけれど、
その思いは誰にも告げられず、蓋をして過ごしました。

その後、中退・福井への転居・結婚・2児出産を経て、
育児に奮闘しながら厨房スタッフとして勤務していた頃。
調理業務と並行して、メニューの撮影とデザイン制作を任されるようになりました。

・メニュー考案
・撮影用調理
・写真撮影
・メニューデザイン、POPの制作
・実際の販売期間
・反省と改善点の模索

販売促進の全ての過程をすぐそばで経験させてもらい、
良くも悪くも、写真の見せ方ひとつで売れ方が激変することを、肌で感じました。
料理をしに勤務したはずが、
写真の無限の力、広告の可能性、キャッチコピーの大切さなど、
予期せず非常に多くのことを学んでしまいました。
まさに、棚ぼたぼたぼたぼた(棚から大量のぼたもち)です!

販促のキッカケを、写真が握っていること。
大学時代のプレゼンボード制作や、
厨房時代のメニュー制作から教えてもらいました。


写真の影響力って、
なんて凄いんだろう!!



寄り道、回り道。
どんな道を選んでも、いつの間にか"写真"は私の隣で伴走していました。

「カメラと共に生きていこう!」
そう決めたのは、写真を撮り続けて10年経った26歳の頃でした。
今では、シャッターを切らない日は一日とありません。
もはや体の一部のような存在です。


カメラとの出会いをくれた高校時代の恩師にも、
まだ15歳だった私に最初の一眼レフカメラを買い与えてくれた両親にも、
美大での制作&撮影の日々にも、
大きな気付きをくれた厨房の仲間にも、
今更ながら深く感謝しています。

一枚一枚に感謝と愛情を込め、
これから先も、ずっと撮り続けていきたいと思います。


川口奈津子

中屋敷唯 Yui Nakayashiki (peindrole代表・デザイナー・フォトグラファー)

387958fc8da41f91723008df8bb6dbb0

【中屋敷唯から皆様へのご挨拶】

みなさん、はじめまして。
カメラマン兼デザイナーの中屋敷唯です。

私は物心ついた時からどこへ行くにも紙と鉛筆を持ち歩き、時間さえあれば自分の好きなキャラクターや漫画を描いていました。
自由に絵を描いているだけで満足だったので、特に将来芸術系の職に就きたいと考えていたわけではありませんでした。
地元の仁愛女子短期大学に入学したのも将来を見据えてではなく、ただただ“絵が好きだから”という単純な理由です。
ですが初めて専門的に学んでいくうち、私たちの身の周りには素敵なデザインが溢れていること、
私とは違う発想で面白い物事を生み出す人たちがたくさんいることを知りました。
そしていつしか、自分も生み出す側の人になりたいという憧れを持つようになっていたのです。

幸運にも、卒業後に初めて就職した会社では販促物を制作しながら、
第一線で活躍するデザイナー・クリエイターの方々とお仕事を通して交流する機会をたくさんいただきました。
その中の一人がgrafeelの川口カメラマンだったのです。
私が求めるイメージ以上の写真を仕上げ、載せる素材が変わるだけでこんなにも制作物が生き生きとするのか!と驚きました。
写真が与える影響を実感した私は、自分でも写真を撮ってみたい!と思いgrafeelの門をたたいたのです。

たくさんのお客様やデザイナーさんとご一緒できるgrafeelでのお仕事は、毎日が新鮮!
どうやったらもっと魅力を伝えられるか、どうしたら目を引く写真が撮れるのか、
これからも試行錯誤しながら一歩一歩進んでいきます。
さらに!grafeelで活動するうちに、色々なご縁に恵まれ、
デザインのお仕事をpeindrole[ペインドロール]という活動名で始めることとなりました。
写真とデザインを一本化できる強みを武器に、お客様の頭の中にある“作りたい”を形にしていけたらと思います。


中屋敷 唯

奥谷憲司 Kenji Okutani(フォトグラファー・デザイナー)

GRF_2610

【奥谷憲司から皆様へのご挨拶】

はじめまして。 
2022年7月よりgrafeelに参加することになりました、奥谷憲司です。

福井の高校を卒業後、北海道の大学に進学。
勉強そっちのけでアウトドアやカヌーをしていました。
大学卒業後は上京し、出版社での編集業務に従事しました。

ある日編集部から「そのフィルム一眼レフで自分で撮影してきて」と、突然の無茶振り。
いきなり飲食店の調理シーンの撮影を任されることになりました。
「この設定でシャッターを押せばとりあえず写るから」とだけ言われて、
何もわからないままフィルム1本ぶんの写真を撮ったのが、私の初めての撮影でした。

調理の最後にブランデーをかけて香りをつける「フランベ」。
大きく炎が上がるのはほんの数秒。
料理人にとって見せ場となる、最高の瞬間です。
当時はフィルムカメラだったので、撮影した写真は現像するまで確認もできません。
2週間後、その写真はすごく小さなコラムに掲載されました。
何の知識もないまま夢中で24回のシャッターを切ったあの経験は、
今思えば、ゾッとするような苦い記憶でもあるのですが、
本屋に並ぶ掲載誌を手に取ったとき、身震いしたのを覚えています。

フランベの炎が上がった一瞬。
そのほんの一瞬のできごとが、私の人生を変えるきっかけになったのかもしれません。
「誰かのなにかを変える」というとおこがましいのですが、
見てくださった方が笑顔になったり、記念として残してくれたり。
実際に行ってみたい、食べてみたいと思ってくださったり…。
そういうちょっとした行動のきっかけになるお手伝いができるような
フォトグラファーを目指して活動をしていきたいと思います。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

佐垣友絵 Tomoe Sagaki(フォトグラファー・デザイナー)

小_sagaki_profile
はじめまして。

2020年9月からgrafeelに参加しました、佐垣友絵と申します。
grafeel代表・川口の写真に憧れて「こんな写真が撮りたい!」と、県境を越えて飛び込んできました。
grafeelでの撮影活動開始と同時に、福井県での新生活が始まりました。

前職では、隣県で印刷物のデザイン製作をしていました。
もともとカメラが趣味だったことから、仕事でも撮影を任されるようになっていきました。
被写体の魅力を最大限に引き出すライティングや演出をし、最高の一瞬を切り取り、多くの方に見ていただく。
商業写真は趣味の写真とはまったく別物で、とても難しくもありましたが、
意図したものが撮れたときは達成感も大きく、本格的に写真を仕事にしたいと思うようになりました。
デザイナーとしての視点を生かし、目的達成や問題解決ができるような “伝わる”写真を撮るフォトグラファーになるのが目標です。
私にとって新しい場所での新しい挑戦、学ぶ姿勢を忘れず進んでいきたいと思います。
これからどうぞよろしくお願いします。

笹尾 康弘 Yasuhiro Sasao(フォトグラファー)

grafeel_20170815_0007

はじめまして。
ここで紹介の皆とはちょっと違った接点からgrafeelで活動している、笹尾 康弘です。
広告写真主体ではなく、風景や観光系、祭りや花火などの写真を得意としています。
登山や自然、日本の祭りに魅了され、もう随分前から写真を撮ってきました。
機材や撮影グッズの情報収集も好きで、カメラ業界の新情報へのアンテナを常に高く張っています。
重いザックを背負い、カメラ片手にどこへでも出没します。

東京で生まれ、北陸や関東、北海道など、各地を渡り歩いた半生。
親が転勤族だったのも影響してか、フットワークの軽さと忍耐力だけは誰にも負けません。
現在は、両親の生まれ故郷でもある石川県金沢市に拠点を置いています。
会社勤めの傍ら、週2の休日は写真活動に勤しんでおります。
写真展など公募に参加することも多く、嬉しいことにこれまで様々な作品で受賞させていただきました。


 【これまでの主な受賞歴】
✨ 石川県庁 × 東京カメラ部 主催
 「加賀の国の魅力発見フォトコンテスト」文化伝統部門 最優秀賞
✨ facebook「日本の美しい風景写真館」
   夜景写真部門 年間最優秀賞 
✨ NTTぷららひかりTVクラウドC × 東京カメラ部 主催
 「美しい四季の彩りフォトコンテスト」特別賞 受賞
✨ 越前打ち刃物「第25回 初打ちフォトコンテスト」
   福井新聞社賞 受賞           
                    ・・・など受賞他多数



余談ですが、
grafeel代表の川口は、実は僕の姉です。
一緒に過ごした幼少期は、まさか二人揃って写真家になるとは思いもせず。
もう一人いる姉も遠方で画家をしており、全員が芸術家になるなんて、血縁の不思議を感じています。
互いに無干渉で、全員が自由に過ごしてきたはずなのに。
顔や性格は全く似ていないのでなおさら不思議です。
余談でした。

今後も、人の心を揺さぶる写真を撮って行けたらと思っています。
Instagramfacebookで不定期に作品をUPしていますので、
お時間の許すときにご覧いただけたら幸いです。

笹尾 康弘


Coming Soon…